にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 ニュージーランドの自然 その1 | My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

I am a Japanese living in New Zealand. This is a kind of diary.
ニュージーランド永住権取得、こちらでのエンジニアになるまでの道のり、生活ぶりを趣味活動も含めて綴ります。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 監督の収入安すぎませんか | main | 今日はちょっとうれしいことが >>
# ニュージーランドの自然 その1

 ニュージーランドにはじめてきた時に、また来る前にも自然のきれいな、緑のきれいな国だな〜と思ったものだ。



海辺では鳥や、アザラシが人たちのすぐ近くに生活している。



陸では馬や羊たちがそこかしこに走り回っている。



ため息が出てきたものだ。それに引き換え日本は。。と。。



 



しかし、二回、三回と旅行に来てだんだん疑問に思えてきた。



北島、南島まで縦断ドライブを敢行したとき、どんどん疑問が増えてきたと言うか、手付かずの自然が見当たらない。



そして木々の少なさに驚く。 この草原、自然にできたの????



何処に行っても牧草の緑。 確かに目には優しい明るい緑ではあるが、何か自然らしくないんだな。



すべて人間に手を加えられた緑なのだ。



さらに、丘という丘、山という山はすべて何かに切削されたようなあとがついていて丘や山の形がおかしい。



いびつな角張った台形形状をしている。



それらの山は牧草か芝に覆われている。



手が入っていない自然と見られる木々のあるところは、急な谷だったり、そそり立った岩山だったりするのだ。



要するに牧畜に利用できない産業に利用できない所だけ自然の木々。。。こちらではブッシュといっ

ている。。が残されているのだ。




これを象徴するのがタラナキ山だ。この写真、や山に登って見て愕然とした。何これ。。。。



濃い緑が原生林。そのほかの薄い緑は牧草地。



山を中心にきれいな円形状に牧草地が形作られ、山の中心部にかつてはすべてこのようなブッシュだったのだという面影が残っている。



言ってみれば、ある意味、ニュージーランドが最も自然破壊の割合が高い国とも言えるかもしれない。



国土の至る所が牧草地に替えられていたのだ。

CO2の吸収量からしたら非常に少ない緑だろう。

ま、CO2がどうのという以前に、もう随分昔に森林を伐採しちゃったから仕方ないんだが。。

たぶんマオリとのコンフリクトがこんなところで繰り広げられたのだろうと創造に難くない。



ニュージーランドの自然について、3年連続でこの国の各地を旅行し、さらに三年住んで感じたことは、



々馘擇梁臠召牧草地と化し、手付かずの自然が非常に少ない。(牧草地の様に)
∪遒濁っているところが多い。(森林地が牧草地と化したため、土砂が保持できづ、川にそのまま流れてしまうのだろう。)
生物の種類、量が非常に少ない。。気がする(統計を調査した訳ではないので、実感としてである)
 (磯にいってもあまり生物が見当たらない、日本は気持ち悪いほど生息しているが。。)

せ海箋屐⊃佑自然と接するところもすべて管理されている。(木道や休憩所が綺麗に完備されている)



とはいうものの、今のところ

ニュージーランドの自然は、日本と比較してニュージーランドの方が自然が残っているとか豊富だとは全く思わ

ないが、私はこの国の、自然とのかかわり方が私は好きですよ。

自然が綺麗なところに自販機なんか置かないし。

変なガラクタを置いたお土産やもないし。

| comments(6) | trackbacks(0) | 19:39 | category: nature |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:39 | category: - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/02/27 10:59 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/02/27 10:53 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/03/27 8:40 AM |

はじめまして。
興味深く拝見させていただきました。
そういえば北海道もそんな状態らしいですね。牧畜に重きをおくとそうせざる得ないの
かもしれません。
手つかずの自然が少ないからこそ知床が貴重な財産なんでしょうね。
| tottiri | 2010/09/28 11:56 AM |

通りすがりさん

観光名所はその場所へは近くないかもしれませんが。
でもニュージーランドはどこでも、
不動産屋からの未確認情報ですがこの国の海岸線は個人できるのか所有できないのか定かではありませんが、マオリとの協定で海岸線はすべて誰でもアクセスできなければならないことになっているらしいです。

なので海辺の美観が何処でも保たれているんだと思いますし、自然との距離が近いような気がします。

日本のように、企業やお金持ちの所有で海に近寄れないなんて
、海の国日本が悲しいですね。 (2010/08/11)
| Max | 2010/08/11 7:42 PM |

通りすがりの者です。

確かに仰る通り、「全く手付かず」の自然は、
想像しているより少ないかもしれないですね。
オークランドに住み始めて6ヶ月経ちますが、
指摘されている点が私にとってとても斬新で新しい発見ができました。
ありがとうございます。

そしてNZは観光名所にいくまでに、
車を降りて数十分歩かないとダメだったり、
気軽にホイホイいけるような仕組みにしていないところが多い気がします。
あえてこういった配慮をしているのかわかりませんが、
これも一つの自然を守る方法、というより「大切に管理しやすい」のかなぁ、
なんて思ったりしました。

いずれにせよ、トンネルを掘ろうとしないところなども含め、
私もこの国の自然への関わり方は好きですね。

長文失礼しました。
| アンヘル | 2010/08/11 12:34 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mynzlife.jugem.jp/trackback/26
トラックバック
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村