にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 日本の日本人の理想の社会像ってなんなんだろう。 | My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

I am a Japanese living in New Zealand. This is a kind of diary.
ニュージーランド永住権取得、こちらでのエンジニアになるまでの道のり、生活ぶりを趣味活動も含めて綴ります。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コミニュケーション | main | サッカーのこと >>
# 日本の日本人の理想の社会像ってなんなんだろう。
 

日本の日本人の理想の社会像ってなんなんだろう。

少し重いかな。


日本の学校、会社に長く居たもので、自分の神経が麻痺していたようにおもうが、西洋人の理想の社会とは?


ここニュージーランドに住み、また、旅行で世界一住み易い都市、カナダのバンクーバーを見てきて思うもの。
ここでは、理想の社会像が街が何となく描けているようなきがするのは私だけだろうか。


↑カナダはバンクーバーの町並み。
ここへ来て衝撃を受けた。人生観が変わった。
世界一住みやすい町に何度も選ばれた街。

メインの港にはやはり人が憩える公園やカフェ。
会社帰りにくつろぐレストランが海辺に立ち並ぶ。
ため息が出た。

子供連れの夫婦がいきなり服を脱ぎだし、浜辺で泳ぎだした。
絵になる風景でため息が出た。

こんなところ本当にあるんだなーって。

日本だったら、埠頭から飛び込んで、お前自殺デモするんか。。
なんて冗談にもならない。


↑New ZealandのAuckland中心街から対岸のDevonportという
住宅街。 日本で表現すると、港区の港に伊豆の白浜を持ってきたような町並みである。 ここへ来てまたまたダメ押しで人生観が変わった。
もう日本には居られないかなって。
同じ苦労するならこんな街の中で苦労したほうがいいかなって。

統計ではニュージーランドの自殺率が非常に高いとか?信じられない。




経済大国日本。 それって何? 世界第二位の経済大国。 さぞかし理想に近い国なんだろう。 本当?


 


日本の政治家が思い描いている一般国民の理想像はライフスタイルってどんなものなのか?


きっと政治にはそのコンセプトが必要なはずだが。


 


 


大会社の社長にしたってそうだ、私が以前勤務していた会社についても、会社の理想指針が見えない。 販売台数世界??位。。。経常利益??億円達成。


社員には何の還元があるのか? 社員のモチベーションは何か良くわからないが、前社長のカリスマ性を物語にして、まるで宗教団体のようにその言葉、行動様式を理想として自分に言い聞かせて頑張る。


 


今からして思えば、何だったんだろうという感。。。。


 


 


全面的にその意思が株主のお金儲けに向けられているのなら諦めもつくが、そうでもない。


会社は社員のもの、社員のためと言いつつ、自分で自分の首を締め付ける。

昔の上司に、人の扱い方について指導を受けたことがある。
生かさぬように、殺さぬようにであった。
こんな指導できるかと腹が立ったが、大きな会社いろいろな人間を物のように扱い成果を挙げるにはこれなのかなと。
(こんな上司ばかりでないことは付け加えておきます。)



高機能、高品質製品の超がつくほどの安売り競争。


そして、ひとつの不良で今までの利益が水の泡的なシステム。


 


高品質、高性能なら高収益なはずが。


同種企業が競って同じシステムを売りたがる、それも価格と品質競争で。。。限られたパイ(市場)でのラットレース。


社員と下請け会社は地獄である。


 


今外から見ていて、非常に危険なゲームが繰り広げられている。


 


これに比して西洋の会社は、新しい技術がどこからか出てきて、それが有用、高利潤を生み出す技術であれば


その技術をその会社から借りる乃至は買収する。 もちろん特許で保護されているからだが。


そうでなくても、購入した方が効率的である。


 


日本の会社は、自前技術として内部留保したがり、そのため他社との違いを出すには価格と品質しかない。


日本の半導体、テレビや自動車業界がその良い例だ。


それは、日本から韓国へ移行したが、アジア人は同じ鉄を踏むわけだ。


決して、これらの会社の社員、経営者は裕福にはならない。
走り出したらもうとめられない壊れた車のように。


 


そこで血を流して社員が頑張った対価はなんなのか?


涙まで流して働いて、それでさらに労働環境が悪化する方向に進む。  


少々の昇進と社内のささやかな評価。


社会的にはまったく無意味なものだ。


 


信じられない。


 


よく大きな仕事をするには大会社に入って昇進して。。。なんてことを、自分も考えた一員だが。。でも、そうではない、大会社に入ったら、仕事は大規模になったものの、個人の裁量の小さいことったらない。


常にどこかにお伺いを立てている。


 


私個人から一般家庭の理想の都市や社会、いや生活ぶりを言わせてもらえば。


(もちろん大金持ちの理想は違うだろうけど。。。)


 


LDKの庭つきの家に住み(持ち家でなくても可)


 


週休二日。


 


仕事場まで車で15分。


 


行楽地(、)例えば、ダイビングやゴルフ、サイクリングができるところまで車で20分以内。


 


住まいから歩いて行って美しい海岸で散歩ができる。海の見えるカフェでくつろげる。


 


日常のお買い物が歩いていける、自転車で行ける距離。


 


それが、バンクーバーやニュージーランドの都市ではいたるところでできるように見えた。


 


私はLAには言ったことはないが、情報ではこれに近いようなきがする。


 


 


日本でこれができるか?


 


無理。


 


 


海岸には工業地帯の匂い。


 


倉庫街が立ち並び、石油コンビナートの陸地側が街になってる。


 


なので東京湾で海に面した場所に近づくのはほとんど不可能。


 


大分以前、東京湾大花火大会を見に行ったとき驚いた。


 


海辺はほとんど企業の持ち物で立ち入り禁止だ。


 


倉庫群が邪魔でほとんど海にに近づいて花火を見ることすらできない。


 


倉庫の隙間から海をみるくらいだ。


 


(倉庫の奥に無理やり入っていくと花火を見るためにお金を取られた。


こんなときぐらい只で市民に公開しろよ。 と言いたい。)


 


この地域に人の住む気配もない。


 


東京湾の夜はほとんどゴーストタウンと化す。


 


これが、日本の、市民と企業の扱いの比重が見えてくる。


企業、経済活動がすべてに優先されている。


 


 


さて、日本で言うと、この理想の形に少々近いのはお台場か?。


 


しかし、その海岸に1時間立っていたらドブ臭く気持ち悪くなった。


 


そこに住むのには多分家賃50万円はくだらないだろう。


 


もちろんその海で泳ぐなんて自殺行為だ。


 


 ↑はお台場の風景。唯一東京でオークランドに近い風景だが。
先ずここには住めない。 なぜなら、一時間も海辺を歩いていると
頭痛と吐き気がしてきた。 下水の臭いだろうか。
ニュージーランド人の英語の先生が仰天していた。
排水が皆ここに流れてくるのかって。
言葉がなかった。
対岸に見えるところはすべて会社の持ち物で一般人は海に近づけない。



↑は日本一高い住宅街 世田谷の風景。
どこがいいのかよくわからない。一度海外のいいところを見てしまうと。 日本に居たころは、ここは便利で、静かで落ち着いたいい街
だと思っていたが。。。ただ、渋谷や恵比寿のデパートにすぐいける
というだけのような気がする。
夜遅くまで洒落たジャズバーで飲んでいても電車で、タクシーで帰れますよといったところか?
(世田谷に住んでる方ごめんなさい)



 


日本の政治家が思い描いてる理想の国民生活感ってどんなものなのだろうか。


 


 


自分の居た企業の取締役さん。がこんな生活できているだろうか?


 


無理。


 


平社員が4LDKの家にちょと町外れの家にすんで、取締役は街の中心近くに住んでる。


 


この位の差かな。


 


旅行だって、ちょと豪華な席に座れるくらい。


 


大手製造業の取締役のほうが忙しいのであまり休みが取れない。


 


理想が実現できるのは、リタイヤしてからしこたま退職金をもらってからだ。


 


が、しかし、そのときは働き過ぎで体がおかしくなっているのし、65歳過ぎて


 


から新しい趣味をつくろうったって。


 


体は限界に来ているし、無理。


 


 


日本人は仕事や規則にたいしては非常に高い理想を持っているのに、


 


普段の生活レベルにたいしては理想が不明確だ。


 


手段と目標のはきちがいが日本の政治、社会で行われている。


 


何でも日本人は世界何位なのかを気にしている。


 


世界がどんな目で見ているか、恐れている。


 


国際機関への出資金額だとか、経済指標だとか。。。日本人の幸せにどれだけリ


 


ターン貢献しているのか?


 


良く報道機関は、やれ海外のセレブが日本は綺麗な国、安全な国とコメントして


 


いるのところを報道して真に受けているが、彼らがどんな美しいところで生活し


 


ているか知らないで報道している。 それから比べたら日本は。。。。


 


世界一住みやすい国、何位か? それを第一に掲げてほしいものだ。


 


まさか、 その指標がセブンイレブン、駅やスーパーが家のそばにある的な便利


 


社会ではあるまい。。。。。。。。


 


中国、インド、韓国。 これらの国も日本と同じ方向性のようだ。


 


他愛のない数字が一番大切なものになっている。


 


大枠は幸せそうな国、しかし、個人個人は非常に不幸な気がする。


 


日本は安全だけは世界一だったが。今では?


 



 


 



 

| comments(2) | trackbacks(0) | 20:41 | category: 日本に一言 |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:41 | category: - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/10/27 10:34 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/06/24 10:40 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mynzlife.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村