にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 ニュージーでの就職 | My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

I am a Japanese living in New Zealand. This is a kind of diary.
ニュージーランド永住権取得、こちらでのエンジニアになるまでの道のり、生活ぶりを趣味活動も含めて綴ります。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本の生産性 効率こんなに低いのか? | main | コミニュケーション >>
# ニュージーでの就職

日本では卒業生の就職率がのきなみ低下、記録更新だとか。



日本では自分も含めて、自分は何ができるのかということで就職に臨む事が少なかった。
いまでもその傾向が続いているようだ。

新聞にしろ雑誌にしろ、大卒の就職の行き先は、職種ではなく会社名が先に来る。

今考えると何なの???という感じである。

こちらでは、当然就職するには、今まで何をやってきて、何ができるのか、国家資格は・・

などなど、即戦力になるのかが問われる。

今までいた会社の名前はちょっとした飾りくらいで、資格が無ければ何もならない。

私はいままでエンジニアと自分のをカテゴライズしていたが、こちらでは少々疑問符がつくようだ。

日本なら化学課を卒業しても、二十年も機械設計関連の仕事をしていればエンジニアとして

肩書きが大手を振って名乗れるが。 こちらでは、公的な機関にエンジニアの資格をもらうか

機械科の大学を卒業し、それも学士(DEGREE)課程を卒業しないとならない。

私の場合、化学課の学士はもっているが、機械学士ではないので??である。

もちろん化学分野であれば正式なエンジニアである。

ま、今回ワークビザを機械エンジニアとしていただいたので国としては認めていただけたようだが。


話はそれたが、会社に入っても自分は何ができるのか、勿論世界的な視野にたってである。

日本の場合、会社のシステムの事情通、やりかたに長けている人が上に行く傾向があるが

そんな人に限って、一人になると何もできない、技術や専門知識を持っていないのだ。

一歩会社から出ると役に立たない、数十年で培ってきた会社の人脈で仕事をしていくのだ。

勿論それもひとつの特技であり、一つの会社にしがみついていくのであればいいかもしれないが

ひとつ間違って、会社の改革がはじまったら終わりである。

そんな人に限って、部下の技術で生きてきた人たちなのだ。

このような日本の事情によると、会社がいつつぶれるか、会社組織が変わるのかにいつも恐れてい

なければならない。

ニュージーランドでは、各人何ができるか確実に把握しているので、その技術の情勢が悪ければ

会社帰りに学校に通って、別の資格を取る。

私の学校の講師たちもそうして生きてきたので。 なにか余裕があるように見える。

日本の場合、決まった資格で就職できるのか非常にグレーなので就職も不安でいっぱいである。

会社で教育するつもりなので

ある会社は、大学の名前で採用を決めたり基本的に勉強ができるかどうかで決めているということ

だ。   だから、年齢が非常に大きな障壁になってくる、何故なら会社で教育する期間を見込んで一

人前に仕事ができるのは数年後だからだ。 何か間違っているような気がする。

ニュージーでは、逆にある程度仕事を経験してきた35歳から40歳くらいが一番就職に有利なのだ。

日本なら30歳を越えると少々厳しく、40歳を超える転職は自殺行為だ。

(超優秀なヘッドハンティングなら別だが)

なので、日本ではさらに会社にしがみつこうとするし、その会社でうまくいかなかった場合は、お先真

っ暗である。 こんなことだから、中年のうつ病や自殺が増えているように思えてならない。

もっと、自分の活躍するところ、生きていくところが見つけられる余裕、流動性があれば

この閉塞感はなくなり、もっとすみやすい国になるような気がする。



  こちらで就職活動したときに、ポートフォリオなるものをしこたま書いて、採用予定の会社に送り

続け何とか採用にこぎつけた。 日本じゃあまり見たことも無い、ファッションモデルのお姉さんくらい

か。?

私は、前の会社にいるころ、このことにいつも疑問に思っていたし、外人にそんな話を聞いていたの

で、準備していたのがこの国に来て非常に助けられた。 外に出て世界共通に使える技術を身につけ

るように気をつけていたからだ。 たとえば、熱伝達解析技術。 機械構造設計解析技術。 電気回路

の知識、勿論機械の設計製図技術の取得。



今後私は、この国でエンジニアの資格を正式に取るべく勉強するつもりだ。

そうすれば、こちらは、会社に定年退職はないし、外部からでも契約して仕事ができる。

すると、わが夢の住む場所を選ばずに、世界どこでも生活できるのだ。。。。。

| comments(1) | trackbacks(0) | 08:58 | category: New Zealand Life Style |
# スポンサーサイト
| - | - | 08:58 | category: - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2019/04/13 5:09 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mynzlife.jugem.jp/trackback/19
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村