にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 日本人の資産 | My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

My NZ life. (Japanese Engineer in New Zealand)

I am a Japanese living in New Zealand. This is a kind of diary.
ニュージーランド永住権取得、こちらでのエンジニアになるまでの道のり、生活ぶりを趣味活動も含めて綴ります。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 英語と格闘の日々 | main | 偶然、住処決まりました。 >>
# 日本人の資産

 最近特に思うことがある。

日本では、財産財産資産資産を残しとかないと。。。。
まるで脅迫されたように、持ち家にこだわるのだ。
前の会社に居るときにも、若いうちに積み立てて家を買いなさい。
会社が金利プラスアルファを補助するからと。

今から考えると何なんでしょうね。
確かに家を持っていると”将来何かあったとき”に換金して。。。

”何か”って何。
父を死の直前まで看取ったが。。その財産をつかって何かなんて何もなかった。
癌にかかって入院。 これも父が家族に迷惑がかからないようにと十分な保険に入っておりそれで何とかなった。特に問題はなかった当然だ、父が問題ないように十分な準備をしてくれたのだから。
しかし、父のおこなってきた行為を否定するつもりはないが、それを誘導してきたものは何なのか
結局家を苦労して買ったのは。。。。銀行と不動産やのために買っただけなのか????
そうは思いたくない。
兄弟の財産には当然なる。 しかし、そのためにしたいことも我慢して子供の教育費を含めたら
膨大なコストを犠牲にしてきたはずだ。 父には頭が下がる。
これを日本人すべてに近い人たちが当たり前のように行っているのだ。

しかし、なんだったんだろう。 その資産。 いや今兄貴の下には資産として残ったが、父の生前
苦労して働いてきた結果そこに住んでいる上では何も資産として意味を成さないのである。ただの負債で全く資産ではない。
もちろん働いている半ばで支払いが済み、それを担保にお金を借りて世界一周旅行でも行っていれば
別である。 しかし、そんな人間は日本人の30%もいないだろう。

田中角栄首相の時代、所得倍増計画を始め、皆国民持ち家の促進。
国民を誘導していったのは建築、土木、銀行への票取りが目的ではなかったか。

そこへ行くと、ニュージーランド人は賢いといえるかも知れない。
なぜか? 最近聞いた不動産会社の方のお話で、日本人は自分の資産とするために金利元本均等支払い方式で家を買う。
そのため、3000万円の家を6000万円近く支払うことになる。
ものすごい月々の支払いである。これに日本の高い教育費を入れたらまず普通のサラリーマンは遊びに使うお金などないだろう。
また、売るときに資産価値上昇分に税金がかかるので儲け、資産は目減りすることになる。

ニュージーランド人は違う。 家を購入して金利だけを家賃代わりに支払う。
そして家の価値が上昇すればその分家を売って資産とする。 そして次の家を買え換えるのだ。
元本は支払わないから値上がりしないと一切資産にならない。税金等無駄になってしまうが、どの国でも不動産は
保護される政策がどの国でも取られるため、物価上昇分や多少の値上がりは家の見方さえ間違えなければ上昇していくだろう。
もちろん10年単位でのスパンで考えればである。 資産譲渡にも資産価値上昇分の儲けにも税金がかからない。

つまり、家賃分の金利を払っているうちに、資産価値が上がれば儲けも物なのだ。 あまり上昇していなければ、家賃はどうしたって
払う必要のあるものなので諦めればよい。 その分元本を買わない分、趣味や贅沢、何やらに使えばライフスタイルも自ずと
よくなるというものだ。

一寸見えてきたが、何故ニュージーランド人がサラリーが安い割りに良い家に住み、皆ボートや海辺にセカンドハウスを持つのか
理由が見えてきた。 また何故、海辺の家がどの地方にいっても7〜8000万円は下らない理由がこれで解けてきた。
元本を支払わなければ物件価格が高くても何とか買うことができるのだ。

最初にこちらに来たときに、何故日本人の平均サラリーが半分くらいなのにこんな高い不動産価格なのかが理解できなかった。

ニュージーランドは不動産天国ともいえる。 だから学生が親の保証人で、フラットメイトを入れて資産運用として家を買うことが
普通になっているのだ。

日本人よ、自分が買っている家が資産ではなく負債であることに気づくべきだ。
将来何かあったら??? 父はその何かあったが(癌にかかってしまった)保険さえちゃんと入っていれば恐れることは無いのだ。

ある意味日本人は政府や建築、不動産会社に好い鴨にされているだけなのだ。

どうだろう、これは間違った考えだろうか。
もちろん高給取りは元本も含めて買ってください。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:08 | category: 日本に一言 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:08 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mynzlife.jugem.jp/trackback/11
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村